食材の調達とレストラン


食材と言っても、日本のように菓子パン、インスタントラーメン、弁当、おにぎり、などというわけにはいきませんから、調達にはちょっとしたコツがいります。スーパーで一般に販売されているラーメンは日本人にとって、まずくて食べる気になりません。

米も日系やアジア系の小売店に行かないと日本人好みのものは手に入りません。(ロサンゼルスなどは日系の小売店をインタネットで探しだすことができます)せっかくアメリカに来たのだからアメリカらしいやり方をしてみましょう。

パン、ハム、野菜、牛乳、バター、果物などは非常に安い(量には驚き)ですから、サンドイッチに果物を添えて食べるのがリーズナブルではないでしょうか? ナイフ一本あれば簡単に作れて安上がりの食事ができます。

一人だと量が多すぎますから、3−4人で分け合うと非常に効率的です。おやつにはドーナツなどいかがでしょうか?400円で12個入りなんていうのもありますから4人でも3回分くらいの量になります。


さて、レストランですが、一度はステーキやロブスターを食べてみたいとお考えの方々も多いのではないでしょうか? 

ステーキハウスは吟味して選択しないと肉が硬くて後で後悔するはめになります。現地で定評のある店を紹介してもらうか、予めインタネットで調べてからレストランに向かったほうがいいでしょう。

戻る